こんにちは!大阪のバストアップ専門サロンとスクールをしていますラソのスタッフTOYOKOです。

TOYOKOって誰って思った方!自己紹介はこちら

おっぱいギャラリーはこちらをクリック→☆☆☆

今日2月3日は節分です!

節分には豆まきをして、恵方巻きをその年の方位に向きながら食べるって事は知られていますが、そもそも節分って何か皆さまはご存じですか?

節分には「季節を分ける」という意味があるらしいです。

春夏秋冬の4つの季節に季節を分ける日があるらしく、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」とそれぞれ呼ばれています。

そして、春夏秋冬の始まる前の日の事を節分というらしいです。

立春の前日なので2月3日にが節分となるんですね~!

なぜ節分に豆まきするの?って疑問に思った事はないでしょうか?

もともと節分の豆まきは中国から伝わってきた風習らしく、季節の変わり目には邪鬼が生じると考えられており、その鬼を追い払う儀式として日本にも取り入れられたようです。

豆(大豆)には鬼や魔物を追い払うと信じられており、古来より日本では刻もちには「邪気を払う力がある」と信じられてきました。

豆=魔目や魔滅との語呂合わせで豆を鬼にぶつけることで邪気払い、無病息災を願うようになったとも言われています。

なので、豆まきは鬼が活動を始める夜に行われるんですね!

そして豆まきの豆は必ず炒ってから使います!

豆を炒る=魔目を射るとも考えられていたそうです。

豆まきの方法は地域や家庭によって違うみたいですが、鬼を家から追い出すために、家の一番奥の部屋から玄関に向かって豆まきをしていくのが一般的なようですね。

また鬼が出入りする方角である北東(鬼門)から鬼を追い出すので、一番遠い南西から初めて北東を最後にするという所もあるらしいです。

そして最近ではあまりされる方もいないかと思いますが、柊鰯も節分ならではですよね!

この柊鰯も鬼除けとして飾られるらしいです。

昔から、臭い物や尖った物には魔除けの効果があると信じられていて、節分の時には焼いた鰯の頭に柊の小枝を刺して作ります。

最近ではほとんど見ることはないですね・・・

そして恵方巻きの恵方とは、その年の福を司る神様、歳徳神のいる方角の事をいうらしいです。

恵方巻きの起源は諸説あるみたいですが、ほぼ関西の一部でしかその風習は残ってなかったらしいですが、コンビニのおかげで一気に全国に広がったみたいですね。

そもそも恵方巻きとは商売繁盛を願って食べたのが始まりという説が有力で、恵方を向いて一本まるごと食べることで無病息災や商売繁盛の運を一気にいただくということを意味しているらしいです!

なので途中でやめると運を逃すとも考えられているようです。

因みに今年の恵方は東北東ですよ!

今日は東北東を向いて恵方巻きを一気に食べて運を一気にいただきましょう~!!

■サロン詳細・ご予約は今すぐこちらをクリック!!!


バストアップ専門サロン スクール 大阪・心斎橋
マシュマロバストアップメソッド® 
大阪市西区南堀江1-14-12 
ブランシュ堀江601 
不定休 10:00~19:00
電話 06-6606-9106
施術中はお電話に出れないので留守番電話にお名前、ご用件を入れていただくかLINEで @lazo あてにメッセージを送ってください。